お笑い

吉本興業「引退会見か契約解除だ」宮迫・亮の会見全貌と松本人志のコメント!

Pocket

所属していた吉本興業を通さずに直接金銭を授受する「闇営業」をしていた
雨上がり決死隊の宮迫博之。

連日ワイドショーで報道されるほど大問題となったのは、
闇営業の依頼元が詐欺犯罪者グループだったからです。

宮迫博之らが受け取ったギャラは
犯罪者グループが詐欺行為で得たお金です。

犯罪者集団・反社会的勢力と金銭関係があるということは
冠番組を持ち、テレビ・メディアに出る立場として決して許されることではありません。

謝罪会見で明かされた吉本興業からの圧力

メディアによる報道のみが先行していましたが、
2019年7月20日、宮迫博之・田村亮が今回の事件について
東京都港区南青山で謝罪会見を開きました。

まずは吉本興業の意向です。

吉本興業『会見をしたら全員連帯でクビにする』

出典:従者ヨシコ芸能ブログ

会見では、衝撃の真実が語られました。

宮迫・田村らは今回の騒動について、
「会見を開いて謝罪と真相を述べたい」と所属する吉本興業へ伝えましたが、
吉本興業の岡本昭彦社長から返ってきた返事は驚くべきものでした。

 

『お前らコレ、テープとかで録音してへんやろな?』

『亮、お前ひとりで辞めてもええよ』

『会見してもええけど、全員連帯責任でクビにするから』

 

会見を開いて謝罪したいだけなのに、
「会見したらクビだ」と事務所側に言われ、
吉本興業との話し合いに参加していた芸人は
絶句して言葉が出なくなり、場の雰囲気凍り付いてしまいました。

所属事務所というのはタレントを守り、味方する立場のはずですが、
謝罪会見を開くとクビにするというのは理解できません。

これだけ世間を騒がせている事案のため、
即急に会見で事実を伝えるのが賢明のはずです。

吉本興業『引退会見か契約解除かどちらかを選べ』

吉本興業に「会見するならクビにする」と脅されましたが、
宮迫博之は迷惑をかけた多くの方へ謝罪と釈明するために
会見を開くことが必要不可欠だと自ら判断し、
吉本興業へ意向を伝えました。

 

宮迫博之
『自分は引退会見して責任をとる。

  その代わり、後輩たちの処分は見逃してやってくれ。

  仕事がないと生活できない奴もいるから復帰させてやってくれ。』

 

これに対し、吉本興業は
「引退はさせない。させるわけにいかない。」
と回答します。

しかしその後状況は変化し、吉本興業から宮迫博之へ
「引退会見か、契約解除のどちらかを選べ」
と弁護士を通じて伝えられます。

 

宮迫博之のコメント・胸中

宮迫『吉本に会見を任せられないと思った』

吉本興業は、一度は会見を開くことを了承しましたが、
すぐに会見を開こうとせず、時期を一切回答しませんでした。

 

これに対し、
事務所に30年所属している宮迫博之は何かを感じ取ったのでしょう。

 

「あ、これ結局会見やってもらわれへんわ。」

 

と確信したようです。

 

宮迫博之
「亮くんと話して
あの空気感、あの感じでは時間を延ばされて
うやむやにして会見をさせてもらえないのではないか
という吉本側の不信感を拭い切れなかった」

 

宮迫博之は、吉本興業からの契約解除される覚悟で
自身で謝罪会見を設定しました。

 

宮迫『芸能界を引退することは考えられない』

闇営業の報道後、常につきまとっていた話題が
「宮迫博之が引退するのでは?」ということです。

引退について、宮迫博之本人が会見で語りました。

 

宮迫博之
「何度もそのことは考えました。」

「僕は18の頃から30年間、この世界のことしかやってきていない。」

「できることはこの世界で学んだことしかない。」

「引退ということは考えられない」

 

会見を行なったため、吉本興業から契約解除措置を取られましたが、
宮迫博之は引退ということは考えていないようです。

今まで芸能界でしか仕事をしたことがなく、
今さら他の仕事で再スタートできる見込みがもてないからだと思われます。

また、宮迫博之は自分のことが大好きであり、
多くの人から注目を浴びる事が彼の仕事のやりがいでもあるため、
芸能界の仕事こそが天職だと考えています。

 

田村亮のコメント・胸中

亮『吉本の方針に不信感しかない』

田村亮は今回の騒動で、

「闇営業のギャラはもらっていない」と嘘をついていました。

嘘をついたことの罪悪感が日々積み重なり、
どうしても謝罪会見をして、誤りたかったようです。

しかし、吉本興業の方針は、
宮迫・亮が謝罪会見を開いて謝るのではなく、
時の経過によって騒動を鎮静化させて会見を行わない考えでした。

 

田村亮
「吉本には俺たちファミリーだというふうに言われました。
でも、僕から言わせれば、
本当に僕をファミリーだと言うなら、僕は子どもだと思います。
本当に悪いと思って、
謝ろうとしているのを止めるのが親ではないかと思います。」

 

田村亮も結婚して自分の子供がいます。
子供が犯した過ちは、親も一緒に反省し謝罪する
という父親としての一面があります。

しかし、吉本興業は「ファミリー」という言葉を使うにも関わらず、
子供であるタレントを守る姿勢が見られず、田村亮は落胆してしまったようです。

亮『早く吉本から契約解除して頂きたい』

7月20日の会見時、宮迫博之は既に契約解除となっていますが、

田村亮はまだ吉本興業から契約解除の通達が来ていない状況でした。

宮迫博之が契約解除処分となっているため、
田村亮も契約解除となるでしょう。

田村亮は吉本興業の組織体質に疑いの気持ちしかなくなってしまい、
自らの意向で契約解除して頂きたいとお願いしている姿勢です。

 

田村亮
公表されていないですけど、自分としては契約解除をされていると思っています。
僕らの会社は何かサインをするわけではないので、
個人的には契約解除をしていただきたいと思っています。」

 

この発言から吉本興業に未練はなさそうです。

 

さんま・松本人志が宮迫に救いの手を差し伸べる

明石家さんまの個人事務所が獲得の動き?

なんと吉本興業の先輩である明石家さんまが
フリーになった宮迫博之の獲得に乗り出しました。

明石家さんまはMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で
「他の事務所も狙ってるかもしれんけど、
(宮迫が)フリーになったんやったら、うちの事務所に欲しい。」
と発言し、自身の個人事務所で救い上げようと考えているようです。

とはいっても、番組内での発言なのでサービストークかもしれませんが、
吉本興業の芸人はとても人情に厚く、後輩想いのため、
何か助け舟を出す可能性は大いにあります。

また、宮迫博之はアメトーーク!などの冠番組や
複数のレギュラー番組も持つ売れっ子芸人だったため、
今後、需要がないとは言えません。

どこかの芸能事務所が復帰のために
スカウトする可能性も十分に考えられます。

松本人志が後輩芸人のために「動きます」とコメント

松本人志は吉本興業の中で大きな影響力を持っています。

松本人志が動くことによって、
周りの芸人・スタッフも彼の何かしらの行動に協力するでしょう。

松本人志「吉本にいたくない」ワイドナショーで告白

翌日7月21日にダウンタウン・松本人志は自身の出演番組「ワイドナショー」で
今回の件について、コメントをしました。

「知らなかった事実があまりにも多すぎて。これは俺も騙されていたみたいな気になった」

「このままじゃ吉本は絶対よくない。この会見を見て手のひらを、悪から善にいったとは思ってないです。でもここまで追い込んで、信頼関係がなくなってしまった会社に対しては、これは絶対に良くないし、吉本興業はこのままじゃ壊れていく、潰れていくんじゃないかなと危機感はだいぶ持ちましたね」

ワイドナショー・松本人志より引用

今回の騒動に関しては、松本人志も吉本サイドへ状況確認を行なっていました。
しかし、会見で後輩から明かされた吉本興業の対応を知り、
騙されたという気持ちと危機感を持ちました。

松本人志が騙されたと思うということは
吉本興業は所属タレントに対して多くのことを隠蔽しているようにも思えます。

 

「『吉本興業にはいたくないかも』って言いました。考えさしてください。こんな会社じゃだめやと思うから」

ワイドナショー・松本人志より引用

また松本人志は「吉本興業にはいたくない」という
退社を示唆するかのようなコメントも残しました。

吉本興業の大黒柱でもある松本人志が
「この会社にいたくない」と感じるくらい
吉本興業の今回の対応は重大な過ちがあると
世間・所属タレントが判断しています。

 

吉本興業は古い企業体質

出典:公共R不動産

宮迫博之・田村亮の所属する
吉本興業の設立は1932年(昭和7年)3月1日です。

設立して85年以上存続する老舗企業であり、
芸能事務所・マネジメントに関しては一流の企業です。

しかし、激しく変わりゆく世の中に合わせた対応や
コンプライアンス指導がまだまだ行き届いておらず、
会社としての在り方・所属タレントを守る意識の不十分さ等、
老舗企業としての古い体質が残されているという欠点があるように思います。

この欠点を今後どう改善できるかが信頼回復の焦点となるでしょう。

 

会見を見た世間の声

 

会見を見た視聴者からは様々な意見・想いが飛び交っています。

 

  • 吉本興業が会見すべき
  • 悲しすぎて2人の会見を見てられない
  • ブラック吉本
  • これ闇営業ならぬ闇会見やん

 

世間の感じ方は十人十色なようです。

 

最後に

宮迫博之・田村亮が会見を開きましたが、
今後、吉本興業サイドがリアクションを起こすでしょう。

また、闇営業に関わった芸人は他にも多数存在するので
彼らも付随して追加処分が課せられる可能性があります。

以上、2019年7月20日に行われた
闇営業に関わる宮迫博之・田村亮による謝罪会見の全貌でした。