バムラ法とアフターケア|肌の天敵肝斑を治療するなら原因を知っておく

肌の天敵肝斑を治療するなら原因を知っておく

女の人

バムラ法とアフターケア

医者

目の下のたるみやクマは顔が老けているように見える要因の1つなので、こうした悩みを解消する方法としてはバムラ法があります。眼球のまわりには常に脂肪が取り囲んでいる状態であり、この脂肪が加齢とともに落ちてきやすくなります。そうなるとたるみとクマとなってあらわれてきます。この手術を受けて脂肪を取り除くことで目の下のたるみを改善できます。場合によっては余分な脂肪とともに筋肉を切除する場合もあります。これを筋肉弁法ともいいます。脂肪をとるだけでは再び脂肪が形成されて落ちてくると、またたるみになりますので、不十分です。再発の可能性を排除する上でも重要な手術です。この手術にかかる時間は1時間から2時間程度です。

目の下のたるみを改善するバムラ法のアフターケアとしては、様々な方法があります。腫れや内出血を起こらないようにするために目の下をガーゼで圧迫します。また、痛みがもし発生したときには痛み止めや目薬などの処方薬があります。アイメイクを普段からしないこともアフターケアの1つです。飲酒も1週間程度はしないことです。施術を受けた当日は入浴、洗顔などはできませんが、次の日からは可能です。こうしたアフターケアをして1週間程度経過したら病院に再び言って抜糸をしてもらいます。その後に定期的にチェックをして3ヵ月後に完成ということになります。最近では脂肪切除法をしてからヒアルロン酸注入もしてたるみを解消する手術も登場しています。