肌の天敵肝斑を治療するなら原因を知っておく

ウーマン

手軽に美容整形施術を

ウーマン

美容整形の若返り治療は敷居が高いというイメージがあるでしょうが、最近はメスを使用しないプチ整形も普及して手軽に受けられる時代になりました。顔全体のアンチエイジングも可能ですし、特定部位のコンプレックスを解消することもできます。

詳しく読む

バムラ法とアフターケア

医者

目の下のたるみやクマを解消する手術としてバムラ法があります。場合によっては脂肪だけでなく筋肉を切除することもあります。時間は1時間から2時間程度です。処方薬やガーゼなどのアフターケアはしっかりとしましょう。

詳しく読む

シミのない肌にしたい

女性

女性ホルモンが原因

顔にシミが出来てしまった場合には美白化粧品を使うという人が多いのですが、一般的な美白化粧品では改善できないシミがあります。それが肝斑です。通常のシミは紫外線という外部からの影響を受けてメラニン色素が生成されてしまうことでできるものですが、肝斑の場合には女性ホルモンという内部からの影響を受けていると言われています。そのため美白化粧品でメラニンの対処を行おうと思っても肝斑では対処できず、いつまでもシミが残ってしまうのです。肝斑の改善のためには適した治療を美容皮膚科などで行うことが一番効果が期待できると言われています。肝斑にはレーザー治療は効果がないと言われており、トラネキサム酸の内服薬を服用するという治療法が一番効果が期待できると言われています。

市販と処方薬の違い

トラネキサム酸を利用した化粧品やサプリメントは販売されていますが、しっかりと治療を行いたいという場合に美容皮膚科が適している理由は、肝斑の治療で健康保険が適応される場合、市販のものを購入するよりも皮膚科で処方してもらった方が費用が安くなるからです。トラネキサム酸配合の内服薬は病院で処方されるものと市販されているものどちらも配合されている成分にほとんど違いはありません。病院で処方してもらう場合、診察料金も入れても1か月分が2000円前後になりますが、市販のサプリメントは3000円程度かかってしまいます。病院で処方してもらえるものなので不安点などがあっても聞くことができますし、副作用が現れたとしても対処をしてもらえるという安心感があるのは病院で処方してもらう大きなメリットと言えるでしょう。

若々しく見えるために

婦人

ほうれい線があると老けて見えてしまいがちです。ほうれい線に即効性があるのがヒアルロン酸注射です。時間も5〜10分ほどで、術後すぐにお化粧が可能です。費用は病院によって差があるのですが、医師の技量や経験も大切です。リスクも事前に調べておけば対処が可能です。

詳しく読む